断食のやり方

断食のやり方について解説!準備と復食が大切!

「断食ってどうやったらいいの?」

今回は、断食のやり方について解説していきます。

断食には順序があり、準備→断食→復食の順序で、正しい食べ方をする必要があるのです。

断食を正しく行うことで、身体への効果が大きくあります。

https://munakata.jp/2020/07/20/%e6%96%ad%e9%a3%9f%e3%81%ae%e6%ad%b4%e5%8f%b2%e3%81%af%ef%bc%97%ef%bc%90%ef%bc%90%e4%b8%87%e5%b9%b4%e5%89%8d%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%82%e3%82%8b%e3%80%82%e9%a3%9f%e3%81%b9%e3%81%aa%e3%81%84%e4%ba%8b/

では、詳しく解説していきます。

断食は準備→断食→復食

断食には、準備と断食、復食の3つの手順が必要です。

準備はま・ご・わ・や・さ・し・い

断食になれるには、身体を慣らしていく準備期間が必要になります。

準備期間としては、穀菜食を心がけることが大切です。

穀菜食とは、明治以前に食肉が一般的でなかった頃の食事方法です。

明治以前の食事としてあるのは、主食が玄米、具沢山のお味噌汁を食べる事が大切です。

選び方としては、「ま・ご・わ・や・さ・し・い」で食べ物を選びます。

ま・豆類 小豆、大豆や黒豆
ご・種実類 ゴマ、アーモンド等のナッツ類
わ・わかめや海藻 わかめ、昆布、ひじきなどの海藻
や・野菜 旬の野菜
さ・魚 イワシなどの青魚
し・しいたけ しいたけなどのきのこ類
い・イモ類 イモ類

以上の様になります。

これらのもので、断食を準備していきましょう。

断食は水を飲む

断食中は、水をしっかり飲んでおきましょう。

食事をしないため、水分を飲む機会もどうしても減ってしまいます。

水分は飲料だけじゃなく、食物からも摂取する機会があります。水分が少ないと、便が物理的に出づらくなりますので、水は重要です。

復食は徐々に食べる

復食期間では、急に食べすぎない様に気をつけましょう。

断食期間中に食べ物をとっていないので、急に固形の食べ物が入れば身体に負担がかかってしまうからです。

また、ここで食べ過ぎると、リバウンドや摂食障害、ホルモンバランスが乱れる原因にも繋がります。

断食による効果

断食には、身体を活性化させる効果があります。

  • 腸内環境の改善
  • 脳を鍛える
  • ダイエットに繋がる
  • デトックス
  • 食習慣の改善

以上の事があげられます。

カラダ本来の力を取り戻すきっかけにつながりますよ。

まとめ

今回は、断食のやり方について解説していきました。

是非、参考にして下さい。

以上で終わります!最後まで読んでくださった方ありがとうございました!